クレジットカードを現金にするなら現金化業者を利用してリスク軽減!

MENU

クレジットカード現金化とは

 

クレジットカード現金化は、本来資金調達の利用を禁止しているショッピング枠を上手に使って現金に変えるサービスです。

 

貸付やサービスを提供していない中で決済をする行為はカード会社の規約違反です。

 

「サービスを提供していない」の盲点をうまくついて、実際にサービスを提供して、そこから購入した物を使って現金に戻すのが仕組みです。

 

 

自己取引はリスクが大きい

 

クレジットカードとスマホ

専門業者を使わなくてもカードをお金に変えることはできます。

 

代表事例が質屋やチケットショップです。
買取ができてカード決済で購入できる物を購入→即売却すれば現金に変えられます。

 

質屋やチケットショップはカード決済に対応しているお店が多く、その場で購入と買取をしてもらうことや、同じ店舗で取引を完結することで値引きや買取条件の交渉をしやすいです。

 

お店からしてみれば、在庫が変わらず利益が上がるメリットはありますが、カード規約違反を手助けしていたとなるとカードの代理店契約を解除されるリスクがあります。

 

チケットやブランド品、貴金属を大量購入もしくは定期的な購入を繰り返すとカード会社は目をつけます。
そこで、代理店の質屋やチケットショップが「購入してすぐに売っていきました」と証言されれば、それが決め手になり利用者のカードが強制解約、一括弁済などのペナルティを受けてしまいます。

 

 

現金を手にもつビジネスマン

クレジットカード現金化業者は、カード会社から問い合わせを受けても上手に交わしてくれますし、そもそもカード会社から目を付けられにくくするノウハウを持っています。

 

業者を使った現金化は換金率で差し引かれる手数料が高いですが、安全にカードをお金に変えられることから専門業者を使う利用価値は大きいです。

 

また、来店不要業者を利用すれば、新規で15分前後、リピーターは最短5分前後のスピード入金に対応しています。

 

スマホさえあればどこからでも手続きをできる利便性も大きなメリットです。

 

 

 

クレジットカード現金化の流れ

 

財布から現金を取り出す人

1.申込フォーム送信
2.折り返しの連絡、本人確認、説明、条件提示
3.身分証明書の提出(主に買取方式)
4.商品購入用URLの送付
5.カード決済、購入
6.商品到着、申請書送付、返送など
7.現金振込

 

 

現金化業者では大きく分けて買取方式とキャッシュバック方式の2種類があります。
安全性が高いのは買取方式ですが、身分証の提出を義務付けていて、未成年者は親の同意がないと利用できません。

 

また、現金化業者によってはカード決済から入金まで数日かかり原則商品到着後に支払われる通常プランと、カード決済を確認してすぐに入金される即日(スピード)プランの2種類を用意していることがあります。

 

通常プランの方が換金率が高くなるメリットがありましたが、業者乱立による競争激化で現在は即日プラン一本で高換金率を用意するのがトレンドになっています。

 

 

3枚並んだCD-ROM

多くの業者はコピーで作成できるパソコンソフトが入ったCD-ROMを商品として販売し、ショッピング枠を使った実績を残す目的で実際に自宅に郵送で商品が届く仕組みです。

 

業者やプランによって、商品を受け取ったり、返送するなどルールが違うことや、入金から振込までの時間が変わることを覚えておきましょう。

 

 

最初にカード決済で商品価値のほぼないものをカード決済で購入しないといけません。

 

一部で決済を確認すると逃げる詐欺業者もいます。条件が良くても簡易的なホームページで運営実績が浅い業者は利用しないようにしましょう。優良業者はスピーディーかつ安全な対応を行っていて、換金率は少額利用でも90%前後です。